会則

徳島市立高等学校同窓会会則

        第 1 章  総    則

第 1 条 本会は徳島市立高等学校同窓会と称する。

第 2 条 本会は母校愛の昂揚と会員の親睦を図るとともに、母校の発展を援助することをもって目的とする。

第 3 条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行なう。

       1.会員名簿の調整。

       2.会員相互の連絡を図ること。

       3.母校の教育発展に寄与すること。

       4.その他本会の目的を達成するために必要と認める事業。

第 4 条  本会の事務所は徳島市立高等学校に置く。

 

        第 2 章  会    員

第 5 条 本会は次の会員で組織する。

       1.通常会員

        イ.徳島市立高等学校の卒業生。

         ロ.上の学校に在学したもので理事会の承認を経たもの。

       2.賛助会員

        イ.前項の学校の旧職員および現職員。

        ロ.その他特に本会の趣旨に賛同するもので理事会の承認を得たもの。

 

        第 3 章  役    員

第 6 条 本会に次の役員を置く。

       1.会  長  1 名

       2.副会長 若干名

       3.監  事  2 名

       4.評議員 若干名

       5.理  事 若干名

第 7 条 会長および監事は総会において選出し、その他の役員は会長が指名する。

第 8 条 役員の任期は2年として重任を妨げない。

      補欠による役員の任期は前任者の残りの期間とする。役員はすべて任期が終わってもその後任者の就任まで会務の処理にあたる。

第 9 条 役員の任務は次の通りとする。

       1.会長は本会を代表し会務を総理する。また会議の議長となる。

       2.副会長は会長を補佐し、会長が事故あるときはその職務を代行する。

       3.評議員は評議委員会を構成して会務の議決にあたる。

       4.理事は理事会を構成して会務の如ラにあたる。

       5.監事は本会の会計を監査する。

第 10 条 本会は役員のはかに顧問を置く。

       母校の現校長および前同窓会長を顧問とし、またほかに総会の推薦により置くことができる。

       鞍間は本会の重要事項について会長の諮問に応ずる。

第 11 条 母校在職中の理事の中から庶務および会計を委嘱する。

 

        第 4 章 会   議

第 12 条 本会の会議は総会と役員会とする。

       1.会議はすべて会長が招集し決議は出席者の多数決による。

       2.総会は毎年1回開き会務および会計を議決する0ただし必要あるときは騎時総会を開くことができる。

       3.評議委員会は必要に応じてこれを開き理事会の提出する議案を決議する。

       4.緊急やむを得ないときは評議委員会をもって総会に代えることができる。

        この決議事項は次の総会に報告して承認を求めるものとする。

       5.理事会は必要に応じてこれを開き会務および会計に関する事項を立案審議する。

 

        第 5 章 会   計

第 13 条 本会の経費は入会金・寄付金およびその他の収入をもってあてる。

第 14 条 通常会員の入会金は2,000円とし、賛助会員からはこれを徴収しない。

第 15 条 本会の会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。

 

        第 6 章 支   部

第 16 条 会員5名以上在住する県外地には、その会員の希望により総套の承認を得て支部を置くことができる。

 附 則  この会則は,1969年(昭和44年)1月2日から施行する。

同窓会事務局   〒770-0872 徳島市北沖洲1丁目15-60  徳島市立高校内

      tel:088(664)0111

関西支部  12回生 並木 俊明

        15回生 松崎 徹郎

        40回生 立石 直也

        メールアドレス tateishi_naoya_1@pref.tokushima

 

関東支部  12回生 稼勢 恵一郎

        メールアドレス k.kse@tak-ss.co.jp

        13回生 林 納

        メールアドレス osame@bb.wakwak.com

                  2014年(平成26年)1月2日 一部改正